ABOUT

MISSION

京都をよりクリエイティブな街へ

京都は、その長い歴史の中で職人らが技術や感性を切磋琢磨し、多種多様なモノづくりや文化を培ってきました。そのモノづくりの伝統は、各種工芸・ハイテクなど、現代にも受け継がれており、現場にはその資源が詰まっています。しかしながら、それらの現場が一般に開かれることはほとんどなく、モノづくりの現場を見たり、担い手である職人たちと直接触れ合うことは簡単ではありません。それは、現場で働く職人らにとっても同じジレンマでした。

そこで生まれたのが DESIGN WEEK KYOTO のコンセプトです。京都のモノづくりの現場をオープンにし、国内外から訪れるさまざまな人との交流を促進することで、新たなモノやコトを創出します。訪れる人、受け入れる人の互いが視野を広げ、新たなアイデアやコラボレーションに繋がっていく出会いがたくさん生まれるでしょう。そうした出会いの積み重なりが、京都をより創造性あふれる街と導いていきます。

私たちが考える「DESIGN」とは、「DE + SIGN」。今、目の前に見えていることや仕組み(SIGN)から視点や思考を離す(DE)ことで、本質を見つめ直し、新たな物事の創出に繋げていくという意味合いが込められています。 DESIGN WEEK KYOTO が、大切なことを見つめ直し、次代に繋がるきっかけの場となることを願っています。

Empowering Creativity in Kyoto

Kyoto has cultivated an array of sophisticated cultural traditions in its long history over the past 1200 years. One of them is the craftsmanship which a number of artisans and craftspeople have striven to adapt and improve over many generations. Traditional craftsmanship in Kyoto has been evolved into modern crafts and high-tech industries.

Visiting a studio and factory is the best way to witness this progression directly, however, such a wish rarely comes true because studios and factories are usually not places for open interaction. DESIGN WEEK KYOTO is a special opportunity for those who are interested in craftsmanship and manufacturing industries and also for the craftspeople themselves. During the event period, a variety of studios and factories are open where people can communicate with each other and where new ideas and collaborations will be born.

For us, “Design” is “de + sign,” which is to ‘de’ couple our sight and conceptions from the ‘signs’ we regularly see. We believe that decoupling our fixed concepts is necessary to create the new things needed in the times we live in today. We hope that the DESIGN WEEK KYOTO can generate a number of wonderful interactions amongst people and that Kyoto will become an even more creative city.

ACTIVITY

年間を通した様々な活動

オープンハウスイベントでの交流のみならず、
多様な交流の機会としてセミナーやコミュニティ活動も実施しています。

クラフトソンの開催

京都府内の工芸技術を活かし、新たなプロダクトの開発に取り組む「クラフトソン 」を開催しています。
プロフェッショナルによる審査を通過できたチームは、試作品の開発、クラウドファンディングを活用したテストマーケティングやPRに進みます。クラウドファンディングが成功した際には、実際に商品として販売することができます。新たなクリエイターの発掘や画期的なアイデアの創出、市場性のある商品開発を同時に実現できるのがクラフトソンです。「クラフトソン 2018」で最優秀賞を獲得したチームのアイデアは、クラウドファンディングの場でも大きな話題となり、見事成功を収めました。

世界をフィールドとする香港のデザイナーが感じる日本のモノづくりの可能性

クリエイティブセッション

地域に根付く産業が現代に合わせてアップデートすること、グローバルに活動のフィールドを広げていくことを目的に、国内外からのゲストを交えたトークイベントやセミナー、ワークショップなどを年間を通じて開催しています。

文化交流

日本国内のほかの地域のオープンファクトリーイベントや、海外の団体との交流を通じて、京都のモノづくりの発信と多様な交流の拡大に取り組んでいます。

MEMBER

  • FOUNDER

    北林 功 Isao Kitabayashi

  • DESIGN

    志水 良 Ryo Shimizu

  • DESIGN

    佐藤 恵月 Etsuki Sato

  • DESIGN

    八島 桐葉 Kiriha Yashima

  • COMMUNITY

    西田 明子 Akiko Nishida

  • COMMUNITY

    石井 裕二 Yuji Ishii

  • COMMUNITY

    福島 晟弘 Akihiro Fukushima

  • COMMUNITY

    北林 佳奈 Kana Kitabayashi

  • COMMUNITY

    藤原 智之 Tomoyuki Fujiwara

  • COMMUNITY

    斎藤 直生 Naoki Saito

  • COMMUNITY

    森川 大希 Daiki Morikawa

  • COMMUNITY

    荒尾 元彦 Motohiko Arao

  • OPEN HOUSE

    岩口 知加 Chika Iwaguchi

  • OPEN HOUSE

    河原 史優 Shiyu Kawahara

  • OPEN HOUSE

    伊藤 儀 Tadashi Ito

  • OPEN HOUSE

    中西 慧 Satoshi Nakanishi

  • OPEN HOUSE

    大谷 洋平 Yohei Otani

  • PROMOTION

    西村 達也 Tatsuya Nishimura

  • PROMOTION

    池田 鉄兵 Teppei Ikeda

  • PROMOTION

    徳毛 慶祐 Keisuke Tokumo

  • PROMOTION

    阪野 裕司 Yuji Sakano

  • PROMOTION

    村井 貴宏 Takahiro Murai

  • PARTNER

    椿 直己 Naoki Tsubaki

ARCHIVE