2018.01.06

[終了]Creative Session「オープンファクトリーによる交流が地域にもたらすもの」

いよいよDesign Week Kyoto2018(DWK2018)が2月に迫ってまいりました。オープンハウスを基軸としたオープンな交流によって、京都をよりクリエイティブな街にしていきたい、ということから2016年より始まったDWK。

日本各地では、他にも同様の想いを持ってオープン型の交流イベントが行われております。
代表的なイベントとして、新潟の燕三条地域で開催されている「燕三条 工場の祭典」と福井の河和田地域を中心に開催されている「RENEW」が挙げられます。

今回は、この2つのイベントの運営に関わっておられる中心のお2人に京都にお越しいただき、オープンな交流がもたらす地域への影響について語り合います。

ぜひご参加ください!
お申込みはこちらからお願い致します。
⇢ https://goo.gl/forms/c3S2IMA7Mg6gLG6A2

(以下詳細)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日時:2018年1月18日(木)17時〜20時

会場:京都信用金庫本店ビル内ホール
   https://goo.gl/maps/mWQsTknmdE12

内容:
<第1部>
①講演 
日本各地で開催されているオープンファクトリーの事例のご紹介と地域にもたらしている効果
【ゲスト】
・玉川堂番頭 山田 立様:新潟「燕三条 工場の祭典」について
・TSUGI代表 新山 直広様:福井「RENEW」について
    
②パネルトーク
ゲストの山田氏・新山氏・DWK北林による対談。
オープンファクトリーを通じて街および地場産業がどのように活性化していくのか、そしてグローバルにも発信していく上での効果などを議論します。

<第2部>交流会
ゲストを交えての交流会を行ないます。軽食ご用意しております。

参加費:第1部 1,000円(オープンファクトリーの方は無料) 
    第2部 交流会 1,000円