2019.02.14

Creative Session Vol.6−「世界をフィールドとする香港のデザイナーが感じる日本のモノづくりの可能性」


(一社)Design Week Kyoto実行委員会では、オープンハウスイベントでの交流のみならず、多様な交流の機会として、セミナーやコミュニティ活動も実施しています。

今回は、DWK2019に合わせて香港から来洛している、国際的に活躍されている3名のデザイナーらをお迎えし、トークセッションおよび交流会を実施します。
同じアジアの都市から、世界で活動のフィールドを広げるにあたり、どういった考え方で取り組んでいるのか、そして京都のモノづくりに対して、どういった期待をしているのか、といったことを中心にお話頂きます。

近くて遠い香港での世界市場を相手にした考え方や世界市場の状況、アジアさらには日本、京都に対する期待などを生の声をベースに考えることで良い交流の場としていければと思います。

<開催日時>
2019年2月22日(金)18:30-21:00 (18時受付開始)
20時ごろから交流会(軽食付)を開催します。

<開催場所>
The World Lounge CO&CO Kyoto
京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670 京都フクトクビル2F
http://coandco.jp/lounge/kyoto/

<参加費>
DWK2019オープンハウス・パートナー参加社 、学生 1,000円
(社会人学生は学生に含みません)
上記以外の方 2,000円
※交流会費含む(ドリンクは別途ご購入下さい)

<定員>
40名(※多数応募の場合は先着順)

お申し込みはこちらから!↓↓
https://business.form-mailer.jp/lp/3d322db298931 


<ゲスト>
June Lau 
Novel Fineriesファウンダー&デザイナー
香港の著名なプロダクトデザイナーの一人。起業家としても2つの賞を受賞。2013年にはAbove Blue Designという湿疹治療についてのプロダクトデザインのコンサルティング事務所を立ち上げ、Dysonの奨学金と香港若手デザインタレント賞を受賞。
2016年世界中の染めの芸術についてのストーリーを伝えていくことに基づくブランド「Novel Fineries」を立ち上げた。伝統的な芸術を蘇らせ、現代において身につけことができるアートピースにする取り組みをしている。最初に手がけたのは繊細で美しい蝶の羽にインスパイアされたポケットアートであり、両面とも刺繍、そして中国の伝統的な芸術と手描きが施され、一つ一つ手づくりで作られている。このような伝統芸術について独自の手法と熱意に基づく取り組みは高く評価されており、2016年のDesign for Asia賞を受賞し、パリファッションウィークのSS17では、香港代表に選ばれている。
www.novelfineries.com
Instagram : @novel.fineries
Facebook : Novel Fineries

Sherman Siu
Hong Kong Design Institute(HKDI)建築・インテリア・プロダクトデザイン学部シニア講師。
家具・ライフスタイルのプロダクトデザイン副学士プログラム責任者や、イギリスのバーミンガム市立大学のデザインマネジメント部門の修士プログラムのコーディネーターも務めている。
香港大学卒業後、約20年間民間の建築会社で勤務後、幅広い知見に基づき、個人住宅や宅地開発、商業施設、産業用建築、学校、協会やインテリアデザインなど多様な建築を手がけた。
HKDIの新キャンパス設立・建築プロジェクトチームメンバーとしてVTCに2007年に加わり、2010年の完成後、HKDIの建築の講師に就任。
アカデミックな知識と専門知識の双方がデザインの将来にとって重要であり、デザイン産業における境界があってはならないと考えている。

Seiki Mori
香港・上海をベースに活動する建築・インテリアデザイン事務所studio ARRTの代表。アジア数都市に渡るネットワークを通して、主に中国・香港・タイ・日本にて空間デザイン、及び照明デザイン、コンサルティングを行っています。
香港インテリアデザイン協会理事会員。主な業績としてはNIKEアジアフラッグシップ店プロモーションデザイン、上海万博EU・ベルギー館、七匹狼上海本社デザイン、NAIGAI上海店舗デザイン。無錫市古運河再生プロジェクト。香港ディズニーランド照明計画。個人住宅多数。

APIDA(アジア太平洋インテリアデザイン賞2012)銀賞
Global Design Award”(HKDA/香港デザイン協会2012)銀賞受賞
Perspective Award(2010)エクセレントデザイン賞受賞
ww.studioarrt.com